「夏至」は「the summer solstice

「冬至」は「the winter solstice」

と言います。

「solstice」は太陽が赤道から北あるいは南に最も遠く離れる「至点」を表す単語です。

日本など北半球 (the Northern Hemisphere) では、1年で日が長いのが夏至となります。

南半球(the Southern Hemisphere) では逆となりますので、以下の様に説明するのが良いと思います。

The day becomes longest at the summer solstice in the Northern Hemisphere.

北半球では夏至に1日が1番長いです。

ところで、上記のlongestはlongの最上級ですがtheが付いていません。

最上級にはtheを必ず付けると思われているかもしれませんが、例外もあります。

比較される対象が複数の場合には、theが必要ですが、上記の例は1年のうちで最長の意味となります。

つまり、1年と言う1つの中での最上級なのでtheは不要となります。

This is the longest tree in this park.

この公園で1番大きい木です。

この場合は、公園にある複数の木の中での最上級となりますのでtheが必要です。