TOEICの試験は大きく分けて以下の3つに分けられます。

1)リスニング(ヒアリング)問題

2)文法問題

3)読解問題

TOEICで高スコアを取るためにはどうすれば良いでしょうか?

1)リスニング(ヒアリング)問題

このサイトで一貫してお話しさせて頂いているように 「英語を英語の語順で理解」することが重要です。

そのためには「英語脳」を身につける事が効果的です。

("3.「スーパーエルマー」の恐るべき効果"を参照願います)


2)文法問題

文法の知識が不可欠ですが、これは多くのTOEICの文法問題を解くことです。

そのためには自分のレベルに合った、TOEICの対策本を使って勉強する事が一番良いです。

文法の何の知識が問われているのかを即座に理解出来る事が重要です。

何を問われているかが分からなければ、その文法知識が欠如していることになりますので、解説を読んで理解する事が必要です。

3)読解問題

限られた時間で多量の英文を読んで設問に答える必要があります。

これも文法問題と同様に多くの問題を解いて慣れる事が重要です。

読解出来ない理由は単語なのか文法なのかを明確にして、分からないことは解説を読み理解する事が必要です。

単語だけ文法だけを勉強する事も重要ですが、問題を解きながら分からない単語、文法を解説を読んだり、辞書を調べながら、理解するほうが、記憶にとどまりやすいです。

文法や読解力のレベルは様々だと思いますので、ネット上の「おすすめ教材」だけに頼るのでは無く、実際に本屋さんで自分に適した教材を見つけることも有益です。


実は、英語を英語の語順で理解」することは、リスニング(ヒアリング)はもちろんですが、「TOEICの全ての問題解答に対しても効果があります。

以下は文法問題例となりますが、すぐに解答出来ますでしょうか?

New employees ________ a vocational aptitude training in two days, after obtain approval from their supervisors.

A) attends

B) attending

C) was attending

D) will attend

なんだか難しい単語もたくさんあり、この文が何を言っているのかわからない。と思われる方も多いと思います。

そして、意味を考えているうちに時間が無くなり、次の問題に進まなくてはならなくなってしまいます。

TOEICの解法の「テクニック」を身に付ければ、英語の実力が無くても高スコアが得られる。と思っている方もいるかもしれません。

しかし、「英語の実力が無くても」と言うのは正しくないと思います。

私は「TOEICの解法のコツ」は以下の様に考えます。

1)まず、解答の選択枝を見て、何が問われているかを即座に判断する。

2)問題文は文頭から読んで行き、解答が分かった時点で、次の問題に移る。

上記の問題例で言えば、以下のように行います。

1)選択肢を見ると、動詞形に関しての問題だと分かります。

何が問われているかが分からないようであれば、その設問に対する文法知識を学ぶ必要があります。

2)問題文の頭から読むと主語は複数形の名詞(employees)であることが分かります。

これから、選べる選択肢はD)しかない事が分かります。

つまり、問題文の2単語までで、正しい解答を選択出来たことになります。 それ以降にどんな難し単語があっても読む必要も無いことになります。

そして、次の問題に移り同様に「TOEICの解法のコツ」を適用できますので、時間切れで全問解答出来なかったと言うことにはならないです。

もちろん、全ての問題がこのように解答出来るわけではありませんが、時間との闘いのTOEICで高得点を取るための重要なコツです。

TOEICで高得点をとるためには、リスニング・ヒアリング問題以外でも、「英語を英語の語順で理解」で理解できる「英語脳」が重要であることが理解して頂けたと思います。

TOEICは英語の実力があってこそ高得点が得られますが、多くの問題に触れて何が問われているのかを即座に判断する慣れの訓練も必要です。

私は「スーパーエルマー」で「英語脳」の基礎素養を身につけた後、多くのTOEICの問題に触れ、TOEIC試験に対する慣れとそれぞれの設問で何が問われているか?を考えながら学習しました。

問われていることが分からなければそれが自分の弱点となりますので、弱点の分析と克服を行いました。

その学習方だけで独学でTOEICのスコアが865点になりました。

つまり、TOEIC試験でハイスコアを取るためには「慣れと弱点分析」が欠かせません。

ネット上で学習できる「弱点が一目でわかるTOEIC(R)テスト対策 」がおすすめです。