「節分」は立春の前日に、豆をまいて鬼を追い払い、厄払いを行う習慣です。 また、その年の方向を向いて「恵方巻き」を食べる事により幸運を呼ぶ行事となります。。
これらを英語で説明してみましょう。

節分(旧暦の立春の前日、通常は2月3日か4日)に ” 福は内、鬼は外! “と言いながら炒った大豆を玄関から投げる習慣があります。

At setsubun (one day before the first day of spring in the traditional lunar calendar, usually February 3 or 4), it is a custom to scatter roasted soybeans from the entrance, chattering “Fuku wa uchi, oni wa soto !” (In with good luck, out with demons !) to drive away evil spirits and disease.


立春は “the first day of spring in the traditional lunar calendar”となりますので、その前日の「節分」は、”the last day of winter in the traditional lunar calendar”と言うこともできます。

また、自分の歳と同じ数の炒り豆を食べるは ”eat the same number of roasted soybeans as my ages” と言えます。


節分には幸運を祈り、その年の恵方に向かって巻き寿司を食べる習慣もあります。
その巻き寿司は恵方巻きと呼ばれています。

We also a custom to eat rolled sushi for food luck turning your face to good direction designated for each year.
This rolled sushi is called “ehou maki”.




「英語知識」に戻る