"バレンタインデー (St. Valentine's day) " で贈るチョコレートを "義理チョコ" や "本命チョコ" と言いますが、これらは英語で何と言えばよいでしょうか?

"義理チョコ"の英語として、"obligation chocolate"と紹介してあることがあります。
"obligation"は"義務"という意味の英単語です。
義務であげるチョコレートと言うのもある意味正しいでしょうが、たとえ愛情が無くても職場などで贈る"義理チョコ"には日頃の感謝の意味も含んでいると思います。

感謝の意味も含めて ”義理チョコ” は以下のように表現できます。
chocolate gift for my thanks
感謝のお礼のチョコレート


一方、"本命チョコ"は愛情を込めて以下のよう表現できます。
chocolate gift with my true(sincere) love
本当の愛を込めたチョコレート


但し、日本の習慣を知らない外国人にいきなり"義理チョコ"や"本命チョコ"と言っても、分からないと思いますので以下のように説明をするのが良いと思います。

We Japanese have a custom to give the chocolate from women to male co-workers in the office on the St. Valentine's day.
This chocolate gift expresses their thanks, not express true love. It is called "Giri choco" in Japanese.

私たち日本人はバレンタインデーに女性から職場の同僚の男性にチョコレートを贈る習慣があります。
このチョコレートは彼女たちの感謝を表していて、本当の愛情を表してはいません。 これを日本語で"義理チョコ"と言います。


欧米では男女双方でカードなどを贈ることも多く、チョコレートを女性から男性に贈ることは日本固有の習慣の様です。

"本命チョコ"にはメッセージ付きのたカードを添えた方がより愛情が感じられると思います。

カードに書くメッセージを3例紹介します。

1)Happy Valentine's Day!
ハッピーバレンタインデー!

2)Be My Valentine.
私のバレンタインになって下さい

3)You are my Valentine.
あなたは私のバレンタイン

1)が無難ですが、"Valentine=大切な人"の意味もあります。 その意味から2)、3)も使われるようです。
2)、3)はかなり"本命チョコ"の雰囲気になりますね。

日本語で書くより恥ずかしさが少ないかもしれませんが、受け取った方が日本人だと理解してもらえるかが微妙ですね。

「英語知識」に戻る














Sponsored Link











 

↓ メッセージを添えて贈れます ↓